広尾ガーデンヒルズのペット飼育についての契約時効

賃貸物件の広告には、契約種別という欄があります。
これは、賃貸契約には実はふたつの種類がありその賃貸物件がどちらの契約形態になっているかを示すものです。
そのふたつの種類というのは、普通借家契約と定期借家契約です。

普通借家契約というのは、正式に取り交わした賃貸契約書に書かれている契約の期間が終わった時点で、借りている人が希望をすれば契約の更改ができ引き続いてそこに契約することができる契約形態です。
普通借家契約の契約期間は物件やそれを取り扱う不動産会社によりまちまちですが、一般的には2年間の契約期間となっている物件が多くなっています。

普通借家契約で賃貸物件を借りていて契約の満期日が近くなると、不動産会社あるいは大家さんから更新についての確認があります。
希望があれば、このタイミングで更改の手続きをします。
契約の更改は、所定の用紙が必要なこともあれば、口頭で済んでしまうこともあり物件ごとにいろいろです。
ただ、多くの普通借家契約物件では、契約更改の時には更新料を大家さんに支払うことになっています。

更新料については、契約者や正式契約前に受ける重要事項説明の中にも触れられているはずです。
なお、普通借家契約で賃貸物件を借りていて、契約の期間が満期になった時に借り手サイドで希望があれば大家さんサイドの都合で退去を強制することは基本的にできないことになっています。

一方の定期借家契約というのは、契約書で取り決めている契約期間が終わったら、原則的に契約更新の制度がなくそのまま退去・明け渡しとなる契約形態です。

賃貸物件全体の中では普通借家契約の物件が圧倒的に多く、通常賃貸契約と言えば2年ごとに契約更新ができる普通借家契約を指しています。
しかし、数は少ないのですが、海外転勤になったなどの事情で決まった期間だけ自分の住まいを人に貸すというケースで定期借家契約の物件も市場に出回っています。
また、広尾ガーデンヒルズに関しては、ペット可能の物件の情報などもあります・・・ペット飼育に関しては広尾ガーデンヒルズペット飼育細則にて規則が定められています。要点を抜粋します。

やはり転勤などで、一定期間賃貸物件を借りたいということで都合が合えば問題はないのですが、長期的にその賃貸物件に契約したいということであれば定期借家契約ではなく普通借家契約の賃貸物件を探す必要があります。
そのため、不動産会社が物件広告を作成する際には契約種別を明記することになっています。
さらに、定期借家契約の物件においては、契約書や重要事項説明書に契約できる期間を明記するのはもちろん、公正証書など法的に効力を持つ正式な書面をもって契約期間の確認をすることもあります。

Comments are closed.