不動産の賃貸における、入居後注意すべき点とは

不動産におけるアパートなどの契約は、とても大変なものです。
何とか審査に通ってようやく契約にこぎつけるので、どうしても労力を使ってしまいがちです。
しかし入居してしまえばなんとなくホッとしてしまうものですが、それではいけません。
実は、入居後もしっかり確認しておかなければならないものがあり、それを怠ると後々後悔してしまいます。
そのため今回は、入居後後に確認すべき点について紹介していきます。
こうした確認は入居後1週間以内にやるのがベストで、出来れば家具などが搬入される前にやりましょう。
仮に搬入してしまうと、前のトラブルか今のトラブルかがわからなくなるからです。
まず、入った際に部屋に傷や汚れがないかをしっかりと確認しましょう。
デジカメなどの機械があれば活用して日付入りで撮影し、設備などに不都合があればメモもしておくことが肝心です。
出来れば契約前に確認出来ればいいのですが、どうしてもバタつく事はありますから入居後でも確認しておくことが望ましいです。
もし余裕があれば大家さんなどに報告して、契約の備考に入れてもらいましょう。
確認を怠ると、私達には原状回復義務ありますから、修理代を請求される恐れが出るので注意が必要です。
仮に契約書になくても、退去時に指摘されれば重要な証拠になりますから残しておくことが大切です。
また、チェックするべきは部屋の汚れだけでなくライフラインも重要です。
つまり、設備の電気配線やお湯や水の出具合、場合によってはインターネットの出具合を確認しておきましょう。
もしこうした物に不都合があるなら、早めに連絡しないと快適な生活が出来なくなります。
室内のチェックポイントとしては、壁の汚れやクロスのはがれがないかを確認しましょう。
その上で、他の部分の汚れや照明などのパワーを確認して水回りを見ていきます。
水回りも単に出ればいいという物ではなく、臭いがあったり見えない部分にカビがあれば厄介です。
基本的に賃貸を借りる場合は、敷金を入れます。
こういったものはしっかりと綺麗に使う事で全額返金されることがほとんどですが、前述の汚れや設備が壊れているのにそのままにしておくと、敷金が帰ってこないというトラブルに巻き込まれる可能性があります。
ですから、契約して部屋に入ったら終わりというわけではなく、しっかりとチェックしていく部分をチェックしましょう。
それが賃貸を快適に使うために、重要な方法です。

Comments are closed.