不動産で安い物件を見つけるにはどうすればいいか

一般的には、不動産は相場の間で取引されることが多いです。
例えば平均家賃が10万とすれば8~12万程度が普通で、よほど高級な賃貸や事故物件でもない限り平均から逸脱することはそれほどありませんし、おとり物件を疑ってもいいでしょう。
しかし、世の中にはそれでも安い物件を見つけたい人はいるわけで、そこで今回は問題のない安い物件の見つけ方を述べていきたいと思います。
一つ目は地域で見る事です。
盲点かもしれませんが、世の中には学生街という物が多数ありますが、その地域の物価は比較的安い傾向にあります。
勿論高級賃貸はそれほどではありませんが、賃貸が安いということは多数あります。
ですから中にはそんな学生に混じって安い値段で住んでいる人もかなりいます。
ただし学生が多く住むので、社会人との生活リズムが違いますから、そこは留意してください。
それが留意できるならばまず最初は学生街の賃貸を狙ってみる事をおすすめしたいです。
次に、契約の時期を狙ってみるというのも大きな手段です。
実は2~3月は4月を前に新しい入居先を探す人でごった返します。
そうなれば家賃の相場も上がりますが、反対に11月くらいは家賃の相場が底になっていることがあります。
ですからその時期に行けば安い値段で借りる事が可能になっています。
そして積極的に交渉を行う事です。
ただ闇無雲に「安くしてください」ではNGです。
それでは適当すぎて、相手側に本気度が伝わらないからです。
ですから最初にいくつかの物件を下見して置いて、いくつかの物件の情報の資料を持って臨むことです。
例えば「○○の物件は月62000円でした」といって値下げ交渉をすれば6万円になるということはままありますし、家賃が下がらないまでも初期費用を安くしてくれることはかなりあるという報告はあります。
特に地元の不動産相手には有効な手段です。
また、備品を断るというのも安くする一つの方法です。
最初からついている場合は、交渉にならないときもありますが自前のものを使うといえばその分引いてくれることはありますし、エアコンが壊れていたならば、自分で修理するなどいえばその分引いてくれます。
つまり若干の瑕疵を活用するのも重要ということです。
この様に、不動産で安い物件を見つける方法は多数あります。
重要になってくるのは、あなたのリサーチ力と、それを成功させるための行動力です。
何事も、楽して安い物件は見つからないということですから、辛抱強く頑張っていきましょう。

Comments are closed.