不動産の賃貸における、入居後注意すべき点とは

不動産におけるアパートなどの契約は、とても大変なものです。
何とか審査に通ってようやく契約にこぎつけるので、どうしても労力を使ってしまいがちです。
しかし入居してしまえばなんとなくホッとしてしまうものですが、それではいけません。
実は、入居後もしっかり確認しておかなければならないものがあり、それを怠ると後々後悔してしまいます。
そのため今回は、入居後後に確認すべき点について紹介していきます。
こうした確認は入居後1週間以内にやるのがベストで、出来れば家具などが搬入される前にやりましょう。
仮に搬入してしまうと、前のトラブルか今のトラブルかがわからなくなるからです。
まず、入った際に部屋に傷や汚れがないかをしっかりと確認しましょう。
デジカメなどの機械があれば活用して日付入りで撮影し、設備などに不都合があればメモもしておくことが肝心です。
出来れば契約前に確認出来ればいいのですが、どうしてもバタつく事はありますから入居後でも確認しておくことが望ましいです。
もし余裕があれば大家さんなどに報告して、契約の備考に入れてもらいましょう。
確認を怠ると、私達には原状回復義務ありますから、修理代を請求される恐れが出るので注意が必要です。
仮に契約書になくても、退去時に指摘されれば重要な証拠になりますから残しておくことが大切です。
また、チェックするべきは部屋の汚れだけでなくライフラインも重要です。
つまり、設備の電気配線やお湯や水の出具合、場合によってはインターネットの出具合を確認しておきましょう。
もしこうした物に不都合があるなら、早めに連絡しないと快適な生活が出来なくなります。
室内のチェックポイントとしては、壁の汚れやクロスのはがれがないかを確認しましょう。
その上で、他の部分の汚れや照明などのパワーを確認して水回りを見ていきます。
水回りも単に出ればいいという物ではなく、臭いがあったり見えない部分にカビがあれば厄介です。
基本的に賃貸を借りる場合は、敷金を入れます。
こういったものはしっかりと綺麗に使う事で全額返金されることがほとんどですが、前述の汚れや設備が壊れているのにそのままにしておくと、敷金が帰ってこないというトラブルに巻き込まれる可能性があります。
ですから、契約して部屋に入ったら終わりというわけではなく、しっかりとチェックしていく部分をチェックしましょう。
それが賃貸を快適に使うために、重要な方法です。

アパートとマンションの違いを知って住み替えや不動産投資を検討

住宅用の不動産には大きく一戸建てと共同住宅がありますが、共同住宅もアパートとマンションに分かれています。
賃貸住宅を探す際など、アパートとマンションは混在されて検討されがちですが、両者は他の世帯と同じ建物内に個々の部屋が設けられる共同住宅という点で共通点がありますが、両者は構造や環境に大きな違いがあります。
まず、構造が異なっており、アパートは木造や鉄骨造りで建築法上、2階までしか建てられません。
マンションは鉄筋コンクリート造りであり、耐火性や耐震性に優れるとともに、3階建てや4階建てなどの低層マンションから6階建てなどの中層マンション、10階建てなどの高層マンションに加えて、近年では20階建て、40階建てといった超高層マンションも増えています。
アパートは2階建てで木造が多いため、エレベーターはなく2階の部屋へは階段を使って上がります。
建物の内部に入るにも共同のエントランスなどはなく、どの部屋にも気軽に出入りできる構造が一般的です。
マンションの場合は築年数が古い5階建てなどの低層、中層マンションの一部にエレベーターなしで階段のみという物件があるものの、高層や超高層マンションをはじめ、近年のマンションはほとんどエレベーターが設置されています。
共同のエントランスがあり、出入りする際にはエントランスを通って共用の廊下、共用のエレベーターを使って入ることになります。
多くのエントランスにオートロックのドアが設置され、簡単には内部に入れないようになっており、アパートに比べてセキュリティー体制が充実しています。
所有者の性質も異なっており、アパートは基本的に賃貸を目的に建てられ、1棟の建物を大家さんが所有し、個々の部屋をそれぞれ貸し出しています。
これに対してマンションの基本は区分所有であり、分譲されたそれぞれの部屋を別々の所有者が所有し、全ての所有者が集まったマンション管理組合を結成して、マンション内の暮らしにおけるルールの策定や修繕計画などを立てています。
アパートの場合は大家さんが賃貸契約の内容を決めますが、マンションの場合はマンション管理組合にてペットの飼育の可否や事業利用の可否、ゴミ出しのルールなどが決められ、それに違反すると注意喚起がなされ、従わない場合は退去を求められることもあるなど、マンション自治の仕組みがあります。
近年では分譲マンションの一室を賃貸に出したり、賃貸専用として建てられるマンションも増えています。

敷金と礼金の性質を知って不動産を賢く借りよう

住宅向けの不動産を借りる際、物件情報に敷金と礼金というのが表示されている場合があります。
何ヵ月分という表記が一般的ですが、何に対する何ヵ月分かといえば、家賃が基準になっています。
敷金2ヵ月分、礼金3ヵ月分とあれば、家賃の支払いのほか、賃貸契約時に全部で5ヵ月分のまとまった資金を大家さんに対して払う必要があるということを意味しています。
となると、敷金や礼金は少ないほど初期費用を抑えられメリットがあるようにも思えます。
実際にそうであるかは、敷金と礼金の性質から考えていく必要があります。
まず、敷金とは大家さんに預ける保証金のようなもので、賃貸契約中に家賃の不払いがあったり、室内を損傷するなどして大家さんに対する損害賠償義務を負ったときなどに、敷金から控除することができるものです。
賃貸契約中に問題なく家賃の支払いを行い、部屋を損傷するなどの迷惑行為や大家さんに対する賠償義務などを行わなければ、基本的に全額が返還されることになります。
担保的な性格のため、預けていても利息が付くことはありませんが、預けたものがそのまま返還されるという意味で、損得が発生しません。
一方、万が一、リストラにあったり、生活が苦しくなって家賃が払えなくなったり、損害賠償に直ぐに応じられない場合でも、敷金からカバーされることで、契約を解除されて追い出されたりすることなく、引き続き住み続けられるなど、賃貸契約期間中のリスクを軽減する性質も持ち合わせます。
これに対して礼金というのは、まさに住宅を貸してもらうことに対する大家さんへの御礼です。
そのため、一切返してもらえることはありませんし、賃貸契約期間中に何かに役立てられるわけでもありません。
礼金を払っておくことで大家さんが気持ちの面で何か融通を利かせてくれることも期待できますが、一般的には礼金をもらうのは慣習上当たり前と思っている大家さんが多いため、特に便宜が図られるものではなく、家賃の滞納や迷惑行為には厳しく対応がなされます。
つまり、賃貸住宅を借りる際に初期費用を抑えたいならば、礼金は少ないほどよく、敷金は賃貸契約中に預け入れるリスクカバーのための資金として2ヵ月分くらいはあっても仕方がないということになります。
中には契約時に保証人を不要として手続きを簡便にする代わりに、敷金3ヵ月というケースもあるので、保証人が立てられない方は視野に入れておくといいでしょう。
もちろん、どうしてもまとまったお金がない方には最近増えている敷金・礼金なしの物件を探すこともおすすめです。

お部屋探しを効率よく行うには、不動産屋と仲良くすることがポイント

進学や就職、単身赴任、引っ越しなどで、新しく住むお部屋を探そうと思っている方は、まずは不動産サイトをチェックしてみるとよいでしょう。
賃貸物件、分譲マンション情報、戸建て住宅など住まいに関する情報を集めているサイトはたくさん存在しています。
そのようなサイトをチェックして、自分する場所の物件情報について調べてみてください。
事前に、インターネットで賃貸物件の相場価格なども調べておけば、物件契約時に家賃交渉が行いやすくなる可能性があります。
賃貸情報サイトでお気に入りの物件が見つかったら、その物件を取り扱っている不動産会社にコンタクトをとってみてください。
賃貸情報サイトの場合は、そのままインターネット上で簡単に問い合わせが出来るシステムとなっているところも多いです。
問い合わせフォームを利用して、気軽にコンタクトが取れるようになっています。
人気の物件は、入居希望者が殺到してすぐに埋まってしまう場合もあるので、気になったお部屋が見つかったら、すぐに行動を起こすのが良い部屋に出会えるコツなのです。
不動産屋に問い合わせてみて、実際に入居してみたいと思えたら、物件の見学に行くことをおすすめします。
物件を見ないで、インターネットの情報だけで契約してしまうと、後から問題が見つかったときに後悔することになります。
インターネットで見た画像の印象と、実際のお部屋の様子は異なるケースもあります。
面倒くさがらずに、下見は必ず行っておくべきです。
余裕があれば、一度だけでなく、昼間と夜間など時間帯を変えて2回見学にいっておいたほうがいいでしょう。
昼と夜では周辺環境の印象が大きく異なる場合があるからです。
女性の一人暮らしの場合には、何度も下調べをしておくと安心です。
物件の下見に行く際には、事前に連絡をしておく必要があります。
アポイントなしでいきなり来店しても、対応してもらえないこともありますから、予約は忘れないようにしてください。
インターネットで良い物件情報が見つからない場合には、直接不動産屋の店舗へ足を運んでみるのもおすすめです。
店内には物件情報のチラシがたくさん張ってありますし、非公開の物件情報を教えてもらえる場合もあります。
希望の間取り、家賃などの条件を担当者に伝えて、良い物件を紹介してもらってください。
不動産屋のスタッフとしっかりコミュニケーションを取って仲よくなっておくことも、良い物件にめぐり合えるコツです。

アパート探しのコツを知って住みやすい不動産を見つける

賃貸住宅向けの不動産には大きくアパート、マンション、一戸建て風の貸家があります。
近年は住宅の構造や建築スタイルも多様化しており、アパートの1階と2階部分を一世帯で使える、テラスハウスと呼ばれる一戸建て風の賃貸住宅などもあります。
通常、マンションは鉄筋コンクリート造りの耐震性や耐火性に優れた構造のものを指しますが、アパートは木造や鉄骨造りで法律上、2階建てまでの建物が基本となります。
そのため、借りるのは1階または2階のいずれかとなり、場合によっては1階と2階が繋がったメゾネットスタイルのテラスハウスが選択肢に挙げられます。
2階に住む場合、マンションと異なりエレベーターはなく、階段での昇り降りが基本となります。
都心部ではマンションが増えていますが、それでも昔ながらの学生街などを中心に路地を1本入ると木造のアパートが残されている場合もあります。
一方、地方ではアパートをはじめ、最近ではテラスハウスも多く見かけるようになっています。
都心部のアパートが築年数が経った建物が多く、リニューアルするとマンションに生まれ変わるケースが多いのに対し、地方では最新の設備が整った比較的築年数の浅いアパートが多くなっています。
高齢化などで人が住まなくなった建物を建て壊してアパートにする例が多いためです。
また、ファミリー層には一戸建て感覚で済める地方のテラスハウスが人気となっています。
アパート探しをするには、こうしたアパートの特徴を知っておくほか、マンションとの違いも理解しておく必要があります。
たとえば、女性の場合、治安面やセキュリティー面での不安があると思いますが、マンションにはご自身の部屋以外にもエントランスの二重ロックが期待できたり、防犯カメラが設置されたマンションも増えています。
アパートの場合、エントランスとの二重ロックは構造的に難しいため、玄関のカギやドアがピッキングなどがされにくい構造になっているか、よく確認しましょう。
一般的には1階より、2階のほうが治安面で安心と言われていますが、見学時には死角がないかよく周囲を確認することも大切です。
アパートの場合、マンション以上にアパートが持つ特性が家賃に反映されやすいため、家賃が安いアパートには気を付けなければなりません。
家賃の安い物件は駅から遠い、築年数が古い、住宅設備が古い、洋室でなく和室のみ、バスやトイレがない、またはトイレが共同などの理由があります。
一方、格安の家賃で暮らしたい方にとっては、我慢が出来る範囲でこうした物件を探すのがコツでしょう。

不動産で安い物件を見つけるにはどうすればいいか

一般的には、不動産は相場の間で取引されることが多いです。
例えば平均家賃が10万とすれば8~12万程度が普通で、よほど高級な賃貸や事故物件でもない限り平均から逸脱することはそれほどありませんし、おとり物件を疑ってもいいでしょう。
しかし、世の中にはそれでも安い物件を見つけたい人はいるわけで、そこで今回は問題のない安い物件の見つけ方を述べていきたいと思います。
一つ目は地域で見る事です。
盲点かもしれませんが、世の中には学生街という物が多数ありますが、その地域の物価は比較的安い傾向にあります。
勿論高級賃貸はそれほどではありませんが、賃貸が安いということは多数あります。
ですから中にはそんな学生に混じって安い値段で住んでいる人もかなりいます。
ただし学生が多く住むので、社会人との生活リズムが違いますから、そこは留意してください。
それが留意できるならばまず最初は学生街の賃貸を狙ってみる事をおすすめしたいです。
次に、契約の時期を狙ってみるというのも大きな手段です。
実は2~3月は4月を前に新しい入居先を探す人でごった返します。
そうなれば家賃の相場も上がりますが、反対に11月くらいは家賃の相場が底になっていることがあります。
ですからその時期に行けば安い値段で借りる事が可能になっています。
そして積極的に交渉を行う事です。
ただ闇無雲に「安くしてください」ではNGです。
それでは適当すぎて、相手側に本気度が伝わらないからです。
ですから最初にいくつかの物件を下見して置いて、いくつかの物件の情報の資料を持って臨むことです。
例えば「○○の物件は月62000円でした」といって値下げ交渉をすれば6万円になるということはままありますし、家賃が下がらないまでも初期費用を安くしてくれることはかなりあるという報告はあります。
特に地元の不動産相手には有効な手段です。
また、備品を断るというのも安くする一つの方法です。
最初からついている場合は、交渉にならないときもありますが自前のものを使うといえばその分引いてくれることはありますし、エアコンが壊れていたならば、自分で修理するなどいえばその分引いてくれます。
つまり若干の瑕疵を活用するのも重要ということです。
この様に、不動産で安い物件を見つける方法は多数あります。
重要になってくるのは、あなたのリサーチ力と、それを成功させるための行動力です。
何事も、楽して安い物件は見つからないということですから、辛抱強く頑張っていきましょう。

家庭菜園用の土地を探しています

家庭菜園用の土地を探しています。
ネットで不動産を探していると、家庭菜園向きの土地がけっこうあるので、手頃な値段の土地があれば購入したいと思っています。
最近農業に興味があり、将来農家に転身したいな、などと考えているのですが、いきなり農業を初めて成功する可能性は低いので、まずは趣味でちょこちょこやっていきたいです。
そのためには土地が必要なので、ある程度の広さがある土地を買って、そこを耕したりしたいです。
ちょっと調べたのですが、市街化調整区域の土地がけっこう安いようです。
市街化調整区域は開発を制限するものなので、新しく家を建てたりするのは難しいですが、家庭菜園のような農業を行うのは問題ないようです。
家庭菜園用に畑をそのまま購入できるところもありますし、農業を行うのならちょっとした小屋程度なら建てられたりもします。
市街化調整区域は建物に関しては厳しい制限がありますが、値段も安くて周囲の環境は静かなメリットがあります。
家庭菜園をするなら市街化調整区域の土地が良いかなと思っています。
不動産の取引をしたことがないので、まずは信用できる不動産会社を見つけなければいけません。
信用できる不動産会社でないと安心して取引ができないので、土地ばかりにとらわれず、平行して不動産会社探しも行いたいです。
家庭菜園で何を作るか考えているのですが、自分で食べられるのがよさそうです。
大根などなら作って自分で食べて消費できるので家計の足しにもなるでしょう。
まずは比較的作りやすいものから作っていきたいな、と夢を膨らませています。
万が一農業に興味を失ったり、転勤で遠くに行く時のことを考えて、売却しやすい土地を選ぶのも重要かと考えています。
サラリーマンでも購入できるくらいの手頃な土地を探しているので、売ろうと思えば案外売れるような気もします。
そう考えれば案外気軽に土地を購入できるので、いざとなったら手放すことも考えて不動産を購入しようと思います。
税金のことも考えなければいけません。
土地を購入すれば固定資産税がかかるので、それがいくらになるかも考えてから選んだ方がよさそうです。
住居用では無い家庭菜園用の土地なら税金もそう掛からないはずです。
不動産は購入費と維持費をコストに考えなければいけませんので、初めて購入する不動産なだけに、しっかり勉強してから購入する必要があると感じました。
自分の土地を持ち、そこで農作業をすれば充実した人生になるでしょう。
思っているだけでは実現できないので、少しずつ準備していきたいと思います。

不動産投資を成功させるポイント

不動産投資が注目を集めています。
数ある投資手法の中でも、最も資産効率が良い投資手法として人気が高まっています。
サラリーマンや主婦の方が、本業の片手間で副業として実施するケースが多くなっており、比較的身近なものとして活用されてきています。
資産効率が良いというのは、投資対象の不動産を購入する際に、その物件自体を担保に設定することができ、金融機関からより簡単に購入資金を段取りすることができるので、最大限レバレッジ効果を享受することができるといわれています。
条件の良い借り入れを受けることができれば、極端な例では自己資金を全く使用することなく、借入金だけで不動産資産を手に入れて、そこから得られる投資成果を享受することができるという大変効率の良い運用をすることができることもあります。
ただ、これは不動産物件からの賃貸収入を得られることを前提とした考え方で、入居者を確保することができず、賃貸収入が安定して得られないことになると、物件を購入した時の借入金だけが残り、その返済に追われることになります。
結局自己資金を切り崩し、苦労しながら返済していくことになってしまい、このままだと投資は失敗で終わってしまいます。
不動産投資を成功させるためのポイントは、とにかく入居者を安定的に確保して、収入を安定させることにあります。
そのためには、魅力ある物件を投資対象として用いる必要があります。
入居希望者の視点から考慮して、入居したくなるような魅力がある物件かどうかを考えて購入することが大事です。
入居希望者にとっての魅力ある物件と一言で言っても、どんなものかを考えるのは難しいことです。
入居希望者それぞれ希望する条件が異なるからです。
しかし、相対的に好まれる条件として、立地条件の良さが挙げられます。
駅が近い、複数の路線の駅が徒歩圏内にある、買い物に便利な施設が整っている、など周辺環境を考慮することはとても重要です。
また、大学が近くにあると、大学生の下宿生を確保しやすいというメリットがあります。
もう一点、物件購入の際に注目するべきポイントがあります。
それは、管理している不動産管理会社が信頼できるかどうか、という点です。
実際に物件の管理や入居者の募集活動をするのは、こういった不動産管理会社になります。
精力的に入居者を募集する動きをしてくれる担当者の方が、入居者を安定して確保することができるといえます。
また、物件の清掃や修繕など管理をきちんとしてくれる業者でないと物件の価値が減少してしまいます。

広尾ガーデンヒルズのペット飼育についての契約時効

賃貸物件の広告には、契約種別という欄があります。
これは、賃貸契約には実はふたつの種類がありその賃貸物件がどちらの契約形態になっているかを示すものです。
そのふたつの種類というのは、普通借家契約と定期借家契約です。

普通借家契約というのは、正式に取り交わした賃貸契約書に書かれている契約の期間が終わった時点で、借りている人が希望をすれば契約の更改ができ引き続いてそこに契約することができる契約形態です。
普通借家契約の契約期間は物件やそれを取り扱う不動産会社によりまちまちですが、一般的には2年間の契約期間となっている物件が多くなっています。

普通借家契約で賃貸物件を借りていて契約の満期日が近くなると、不動産会社あるいは大家さんから更新についての確認があります。
希望があれば、このタイミングで更改の手続きをします。
契約の更改は、所定の用紙が必要なこともあれば、口頭で済んでしまうこともあり物件ごとにいろいろです。
ただ、多くの普通借家契約物件では、契約更改の時には更新料を大家さんに支払うことになっています。

更新料については、契約者や正式契約前に受ける重要事項説明の中にも触れられているはずです。
なお、普通借家契約で賃貸物件を借りていて、契約の期間が満期になった時に借り手サイドで希望があれば大家さんサイドの都合で退去を強制することは基本的にできないことになっています。

一方の定期借家契約というのは、契約書で取り決めている契約期間が終わったら、原則的に契約更新の制度がなくそのまま退去・明け渡しとなる契約形態です。

賃貸物件全体の中では普通借家契約の物件が圧倒的に多く、通常賃貸契約と言えば2年ごとに契約更新ができる普通借家契約を指しています。
しかし、数は少ないのですが、海外転勤になったなどの事情で決まった期間だけ自分の住まいを人に貸すというケースで定期借家契約の物件も市場に出回っています。
また、広尾ガーデンヒルズに関しては、ペット可能の物件の情報などもあります・・・ペット飼育に関しては広尾ガーデンヒルズペット飼育細則にて規則が定められています。要点を抜粋します。

やはり転勤などで、一定期間賃貸物件を借りたいということで都合が合えば問題はないのですが、長期的にその賃貸物件に契約したいということであれば定期借家契約ではなく普通借家契約の賃貸物件を探す必要があります。
そのため、不動産会社が物件広告を作成する際には契約種別を明記することになっています。
さらに、定期借家契約の物件においては、契約書や重要事項説明書に契約できる期間を明記するのはもちろん、公正証書など法的に効力を持つ正式な書面をもって契約期間の確認をすることもあります。

不動産を購入するまでの一般的な流れについて

不動産の購入、売却は、タイミングが大きく影響しています。
必死に探している時は良い物件が見つからない、しばらく様子を見ようかと、トーンダウンしたタイミングで意中の物件とめぐり合うなんていうことも珍しくはありません。
そんな奇跡的な出会いを逃さないためにも、あらかじめマイホームを購入するまでの流れを把握しておきましょう。
特にローンを利用して購入を考えている場合は、借入先をあらかじめ絞り込んでおくと良いでしょう。
しかし候補先の全てが審査に通るとは限りません。
ですから候補先は多ければ多いほど良い、という考え方で準備しておきましょう。
マイホームを購入する第一歩は、情報収集となります。
現在は、その方法として多く用いられているのがネット検索です。
不動産サイトに掲載されている物件を確認することができるので、優先したいと考える希望条件で検索にかけてみてください。
次に興味ある物件が見つかりましたら、より詳細な内容を確認したり、実際に見学する問い合わせを行うことになります。
この見学によるチェックは、初めての不動産購入と言うことであれば、出来る限りたくさん行いましょう。
そうすることで、色々な事が分かってきたり、案内をしてくれる不動産会社から有益な情報を聞きだすことができます。
そうして集めた物件情報を改めて確認してみてください。
その際、他の物件と比較しながら、気に入った順に順位付けをしていくと良いでしょう。
そのランク付けが、現在のお気に入りの順位となります。
そのトップにある物件が購入したいレベルにあるのか、今一度確認して、問題ないということでしたら、購入の申し込みを行いましょう。
そして冒頭にお話ししましたローンの利用については、この申し込みのタイミングで確認していくこととなります。
ここでは事前審査を受け、利用できそうなのかを確認していきます。
金融機関から求められた必要書類を用意することで、この結果を得ることができます。
続いて行うこととなるのは、物件の売買契約について、契約書と共に確認することとなります。
ここでは不動産会社がリードしてくれますので、指示に従いながら、しっかりと確認しましょう。
契約日は後日に設定されますので、それまでに不透明な分はないか、不安に感じる部分はないか等を確認し、見つかった場合は、それを明確にする説明を求めてください。
こうして全てに納得した上で本契約を交わすこととなります。
ちなみに、この契約を交わした後であれば、住宅ローンの正式な申し込みを行えるようになります。
事前審査時と大きな条件の違いが無いようでしたら、ほぼ審査はクリアできます。
その後は、建売住宅の場合であればローンでお金が用意できたタイミングで、注文住宅の場合は、決められた支払期日にしたがって決済を行う形となります。